朝夕日記

現在スイスジュネーブ在住。ものすごくどうでもいい身辺雑記です。

春の兆し。

2月は雪で始まりました。寒かったです。

寒いときには鍋だ!と友人家族を呼んで食べた鳥つくね鍋は美味しかった。雪が降ると街が静かになって、家の中にいる分にはいいものです。

f:id:asa_yu:20190201143214j:plain

公園の彫像も雪帽子をかぶってました。ちょっと間が抜けてて可愛い。

2月後半になりいきなり暖かくなって面喰う。おまけに天気が良いので、散歩がはかどるようになりました。最近街中の色んな歯車にひかれていたのですが、散歩中にこんなポスターを発見。

f:id:asa_yu:20190217150037j:plain

どうやら散歩コースにある、Musée d'histoire des sciencesで歯車展が開催中らしい。思わず寄り道して色んな歯車を見学。面白かったので、ついでに日記トップの写真も変更。上の写真の歯車の全容はこんな感じです。

f:id:asa_yu:20190127154507j:plain

タイミングを上手く合わせるためだろうけど、面白い形にしたもんです。丸いのより、作るのが大変そうだ。見学の後は散歩再開。ジュネーブは天気が良いと山も噴水もくっきり。

f:id:asa_yu:20190217142504j:plain

例年よりはるかに暖かい2月に戸惑いつつもお天気を楽しんでます。

遅ればせながら…。

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

このブログも月1ペースの更新にしてから早くも2年が経ちました。今年も変わらずノンビリと維持していくぐらいのペースでやっていこうと思っています。

2019年は2日から仕事だったので、あんまりお正月気分もなくスタート。ただ人が少なかったので、いつもよりゆっくりと自分の仕事に専念できただけよかったかな。気温はようやく冬らしくなり、すっかり寒くなりました。↓の写真からも全体の寒々とした感じが伝わるでしょうか。

f:id:asa_yu:20181210185641j:plain

今月のハイライトは17日にAngela GheorghiuのリサイタルにK子さんとM月さんとVictoria Hallへ行ったこと。Angela Gheorghiuの素晴らしい歌声に癒されました。聞いてるだけで幸せになれる歌声だなあ、と感動。演目の中では初めて聞いたFriedrich von FlotowのQui sola vergin rosaとOttorino RespighiのNebbieが印象に残りました。

毎日寒いですが、春の気配もそこかしこに漂い始めました。↓は散歩の途中で見かけた猫柳。もう芽が膨らみ始めてます。

f:id:asa_yu:20190120162313j:plain

週末の湖畔は相変わらずゆったりとした静けさ。ボンヤリと散歩するには本当に良い所です。

f:id:asa_yu:20190120164611j:plain

 

ほんの少しの差。

12月に入り、街はクリスマスモード。実は先週末、友人とアルザス地方に行きました。帰ってきてすぐにテロ事件があり、ほんの少しの差で無事だった事に感謝。

ただColmarStrasbourgもとても良い所なので、状況が落ち着いたらまた行きたいなあ、と思ってます。街並みも綺麗だし、食べ物も美味しかったし。

ワイン蔵では美味しいワインを一杯試飲しました。クリスマスデコレーションが特別感を出してます。

f:id:asa_yu:20181207092115j:plain

↓の写真はフランスで初めてみたゆるキャラ?Pain d'Epicesの妖精。

f:id:asa_yu:20181206162931j:plain

そしてとにかく色んな場所のクリスマスデコレーションが綺麗でした。

f:id:asa_yu:20181208132302j:plain

電飾だけではないので、あんまりギラギラしてないのですが、飾りがとても華やかでした。

f:id:asa_yu:20181208164748j:plain

滞在中はテロよりもGilets jaunesの警戒のため、兵士や警官が多く動員されていました。特に危険を感じることもなく帰ってきたのですが、幸運だったと思います。

最後の写真は日曜日、帰ってくる途中で寄ったRibeauvilléの町でやっていた、中世テーマのクリスマスマーケット。大雨でしたが、鵞鳥だけはまったく気にしてませんでした。。

f:id:asa_yu:20181209142630j:plain

 

 

11月は日本でした。

久しぶりの更新。

11月は日本に帰国していたので、帰ってきたら、山積みの仕事や時差ボケで色々と大変でしたが、ようやく落ち着いてきました。やれやれです。

日本は思ったより暖かく、あんまり秋の雰囲気はありませんでしたが、天気も良くて、外で過ごす時間がとても楽しかったです。↓は公園で展示されていた、菊の盆栽。

f:id:asa_yu:20181117150838j:plain

今回の小旅行は姪に会いに鹿児島へ。指宿で生まれて始めて砂風呂に入る。想像していたより生き埋め感が強くて、ちょっとだけゾンビの気分を味わいました。熱さが気持ちよかったです。また行きたいなあ。

久しぶりに明治神宮にも行きました。七五三の子供たちが可愛かった。まったく関係のない観光客に一杯写真を撮られてました。東京の混雑の中で隙間をぬって人がいない写真を撮るのを楽しんでました。

f:id:asa_yu:20181117152417j:plain

そして秋は葡萄の季節。ということで↓は新宿で食べたシャインマスカットとイチゴのケーキ。

f:id:asa_yu:20181118173745j:plain

シャインマスカットは高いけど美味しいですね。最後の写真は高層ビルの隙間から見えた富士山。家族も元気だったし、楽しい旅行でした。

f:id:asa_yu:20181117164950j:plain

そして今回も友人たちには色々とお世話になりました。10年ぶりぐらいに会う友人がまったく変わっていなくて嬉しかったです。そして風邪を引いたにもかかわらず、頑張って食べ過ぎたので、しばらく胃がしんどかったです。でも後悔はしていない。

 

12年ぶりのオーロラ旅行。

10月も終盤。今月は色々と遊びました。

まずは前半、何と12年ぶりにリーダー夫妻とスエーデンのAbisko Naitonal Parkに行ってオーロラ観測を楽しむ。12年ぶりに訪れたKirunaAbiskoは相変わらずの僻地ではありましたが、さすがに少しだけ賑やかになってました。

出発日はストックホルム空港近くに一泊。街に出てちょっとだけ観光。夕食は前回と同じレストランだったらしい。一緒だったフランス人のろらんすが覚えてました。すごい記憶力。写真はストックホルム中央駅の前。

f:id:asa_yu:20181005173539j:plain

 

次の日にはKirunaに飛び、レンタカーでAbiskoへ。その前にちょっとだけKiruna観光。時間がいっぱい余ったので、前回は何もなかったIce Hotelの湖に行ったら、すっかり観光地と化していて驚く。前はシーズンじゃないと「Ice Hotel建設予定地」の看板だけポツンとある感じだったのに、今じゃ、湖畔にちゃんとしたロッジ群と巨大冷蔵庫(有料ですが再現された過去のIce Hotelの部屋を見学できます)、さらにはギフトショップまであるではないか。

せっかくなので入場料を払って冷蔵庫の中へ。Ice Barと一緒でコートと手袋を貸してくれるので、それを着て入るのですが、やっぱり物凄く寒い。震えながら客室見学。思ったより色んな部屋があり、広くて中々見応えがありました。絶対泊まりたくないけど。↓は氷の図書室が付いた客室。

f:id:asa_yu:20181006115425j:plain

こちらはロビーの窓辺。

f:id:asa_yu:20181006113117j:plain

そしてベッドルームはこんな感じ。ただひたすら寒そうです。

f:id:asa_yu:20181006114852j:plain

 

観光の後はランチを食べて、Abisko Naitonal Parkへ。前と同じロッジに4泊する。12年前と同じメンバーは私とリーダー夫妻とフランス人のろらんすだけで、後はオーロラを見るのが初めての人たちばかり。「見えなかったらどうしよう」と何だか責任を感じてしまった。でも今年はすごく良い年と聞いていたので期待して待つことに。

幸運な事に最初の晩以外はすべてオーロラが観測できたし、流星群も重なってオーロラと流れ星の両方を堪能することが出来ました。↓の写真はスマホで撮影。こんなカメラでも映るぐらい明るいオーロラでした。

f:id:asa_yu:20181007220638j:plain

 

毎晩違ったタイプのオーロラが見えて楽しかったです。今回、印象に残ったのは最後に見えた、あまり明るくないけれど空全体を覆うオーロラ。星空にうっすらと乳白色の紗がかかり、ふわふわと漂ってまるで夢のような光景でした。

まだ本格的に雪が降る前だったので、Abisko Naitonal Parkでハイキングも楽しめたし、自炊だったので、美味しいご飯も一杯食べれたし、ろくなお酒が売ってないことを除けば非常によい所でした。酒飲みのメンバーでお願いしてワインを調達しにわざわざノルウェーまで行ってもらったりしたのも良い思い出です。楽しい旅行でした。

↓はハイキングルートの風景。

f:id:asa_yu:20181008154733j:plain

 

久しぶりのダブリン。

9月になって、少し暇になったので、休日を利用してダブリンに週末旅行に出かける。アイルランドの最高気温は15℃とすでに長袖の季節でした。

今回は久しぶりのダブリン、ということで友人とまずギネスで一杯。アイルランドはギネス以外のビールも美味しいし、ウィスキーもアップルサイダーも美味しくて酒飲みには良い国です。

f:id:asa_yu:20180907170550j:plain

今回は同行の友人が初めてなので、主要な観光名所をめぐることに。とりあえずはTrinity Collegeへ。名所の図書館見学。

f:id:asa_yu:20180907110531j:plain

新学期なので、中庭では学生のイベントをやっていて楽しそうでした。他にも友人の旦那のおすすめスポット、ダブリン近郊の小さな漁港のある町、Howthに行って、ゆっくりと海岸沿いの散歩を楽しむ。

f:id:asa_yu:20180908131546j:plain

港沿いにはシーフードレストランが一杯あったりと中々良い観光スポットでした。

他にも公園でオスカー・ワイルド銅像を見たり、

f:id:asa_yu:20180907135547j:plain

聖パトリック大聖堂ジョナサン・スウィフトの記念碑を見学したり、と前回行けなかった場所も無事に見学することが出来て満足。

f:id:asa_yu:20180907151232j:plain

最後の夜はパブで美味しいシーフードを食べて終了。

f:id:asa_yu:20180908212044j:plain

楽しい週末でした。お天気も一日以外は何とか持ってくれてよかった。

過ごしやすい日々到来。

8月も終わりになり、暑さも和らいですっかり過ごしやすくなってきました。

ようやく扇風機も仕舞うことが出来そうです。夏休みも終わりに近づき、ジュネーブの街中も普段の感じに段々戻りつつあります。職場も人が帰ってきたので、ちょっとだけ楽になりました。散歩中に見たカモメたちもノンビリしているようです。

 

f:id:asa_yu:20180812143600j:plain

皆が夏休みの間、ずっと仕事をしていたので9月からは週末に旅行に行ったり、帰国したりと楽しいイベントが続く予定。それを励みにまだまだ地味な生活です。といっても今週はO村さんの猫の世話(3匹に増えた!)やら、ちょっとしたアパートのトラブルなどなんだかんだで忙しく過ごしてます。とりあえず涼しいだけですべてが楽に感じるので、まあ良かった。

白鳥の雛も元気に成長。もう雛のサイズじゃないですね。羽と嘴の色以外はほぼ親鳥と変わりません。

f:id:asa_yu:20180826185852j:plain

あとちょっとで9月。空も少しずつ雰囲気が変わってきました。

f:id:asa_yu:20180825164640j:plain

例年だと9月の半ばから暖房が始まるのですが、今年はどうなるんだろう?贅沢なもので、急に寒くなったら、それはそれでちょっと嫌かも。