朝夕日記

現在スイスジュネーブ在住。ものすごくどうでもいい身辺雑記です。

楽しい秋の思い出など。

11月になって2週間ほど帰国していたのですが、無事に帰宅。時差ボケと戦いながら仕事してます。

帰国中はいつものように友人たちに遊んでもらってました。美味しい物も一杯食べたし、楽しかったのですが、帰ってみれば掃除、洗濯、料理に仕事と日常が怒涛のように押し寄せてきて、どうしたものやら。

とりあえず楽しい思い出としては、友人と行ったすみだ水族館のクラゲや金魚。

f:id:asa_yu:20171111113907j:plain

f:id:asa_yu:20171111122707j:plain

ひらひらしている物は美しいですね。

そして、ちんあなご祭り中とかでやたらフィチャーされていたちんあなご。

f:id:asa_yu:20171111120100j:plain

すみだ水族館は見せ方に工夫があって、興味深かったし、面白かったです。

他にも姉と一緒に新宿御苑で菊を見たり、

f:id:asa_yu:20171112134704j:plain

浜名湖に行ったり、

f:id:asa_yu:20171117121406j:plain

友人夫婦と犬の散歩にいって、薄の野原に秋を感じたり、

f:id:asa_yu:20171119112038j:plain

と休みを満喫して帰ってきました。ジュネーブは今週末雪らしいです。これからずっと寒くなっていくんだろうなあ。

秋晴れな日々。

最近、ジュネーブには珍しく秋晴れの日々が続いてます。夜になると気温はぐっと下がりますが、昼間はとても良い天気。寒暖差が激しいせいか今年は紅葉がとても綺麗です。

f:id:asa_yu:20171008172443j:plain

気温が低くて晴れてると散歩するのも楽しいです。仕事は相変わらず「うへえ」な感じだし、仲良くしている人たちが先月から今月にかけて、引退してしまうし、あんまり楽しいことがないので、お天気だけでも良い感じなのは嬉しいです。

f:id:asa_yu:20171008173839j:plain

公園もすっかり落ち葉だらけになりました。今月は先月と違い、旅行にも出ず大人しく毎日過ごしてます。ただ、友人に誘われて、バレエのCallasを見に行きました。

www.youtube.com

衣装、舞台演出、そして振り付けも面白かったし、ダンサー達もよかったけど、モダンバレエを見るたびにちょっと疲れる感じになるのは何だろう。この誰かの頭の中の映像を見せつけられながら、ほったらかしにされる感じ。不思議だ。

全編にマリア・カラスの歌声が使われてましたが、久しぶりに聞いた彼女の歌はやっぱり感情表現が素晴らしくて感動。昔のCD引っ張り出して今度じっくり聞いてみよう。

f:id:asa_yu:20171008165051j:plain

相変わらず散歩も続けてます。湖畔の白鳥の雛もすっかり大きくなりました。もうサイズは親鳥と一緒です。

秋は唐突に。

9月も終盤。

この間涼しくなってからそのままずっと気温は低いまま。あっという間に葉っぱは色を変え、最高気温は20度以下になり、暖房も始まり、あたりは冬の気配です。

9月の前半は休みが多かったので、ハイキングでツェルマットへ。一日は晴天だったので、マッターホルンを堪能しました。

f:id:asa_yu:20170908110105j:plain

次の日は雨だったので、森の中をハイキングしていたら、山から牛が下りてくるのに遭遇。

f:id:asa_yu:20170909104451j:plain

放牧シーズンも終わりのようです。これからは街に近い牛小屋で過ごすはず。久しぶりのツェルマットは前よりお洒落なレストランが増えて食事が楽しかったです。夏だと歩き、冬だとスキーでしかたどり着けない高級レストランなどもあり、ハイキングしながらレストラン巡りも出来るそうな。

楽しい時間が終わって帰ってみればジュネーブの街中もすっかり秋となり、公園にはキノコが色々と生えてきました。

f:id:asa_yu:20170922104645j:plain

美味しそうだけど、食べれるんだろうか?その必要がないので取りませんが、いつかちゃんと調べてみたい。去年図鑑も買ったことだし。

植物園では金木犀も咲いてました。ヨーロッパで見たことがあるのはここだけなので、久しぶりの香りを堪能しました。

f:id:asa_yu:20170917175040j:plain

そんな感じで毎日地味に秋を楽しんでます。遊びと同じぐらい仕事もやる気があればなあ。

夏の終わり

いやあ、もう8月も終わりとは…。

昨日まで30℃あったのに今日はもう最高気温が18℃。夏は断ち切るように終わってしまった。 とりあえず8月前半の思い出は姪とそのお友達を連れて行ったパリ旅行。おばさんに初心者のパリ観光案内は中々辛いものがありました。

ルーブルで30分、ベルサイユでは2時間行列し、へとへとになりながらもちゃんと観光。ベルサイユはやっぱり中より庭が素敵でした。昔と違って今は庭園をめぐる小さなカートやトレインがあり、プチトリアノンまで歩かずに済んだので助かりました。お蔭で初めてマリー・アントワネットがお遊びで作った農園までたどり着けたよ。

f:id:asa_yu:20170808155310j:plain

こちらが庭師のお家だそうな。

他にも初めてのパリとしては、凱旋門

f:id:asa_yu:20170806220302j:plain

エッフェル塔など。

f:id:asa_yu:20170806200932j:plain

楽しかったけどやれやれです。

ちなみにスイーツ好きの姪っ子はパリでヘブンモードに突入にしてました。おばちゃんもつられて一杯ケーキを食べてしまったので、血糖値が心配です。 でも毎日2万歩以上歩いていたので、とりあえず大丈夫ということになってます。

オマケの写真はルーブル美術館で食べたAngelinaのケーキ、Saint Honoré

f:id:asa_yu:20170807124653j:plain

クリームが濃厚で実においしかったです。

今月は人間のお世話。

8月だあ。

またもあっという間に時間が過ぎてびっくり。今月は1日から14日まで遊びに来ていた姪っ子とその友人のお世話に明け暮れてました。

二人とも初めての海外旅行、というのもあって、自分では絶対に行かない初めてコースを色々と観光。8月のパリってこんなに観光客がいるのか、とか8月のスイスの山は天気も良いし、涼しくていいなあ、といまさらの感慨にふける。

観光はまずスイスの首都ベルンから。写真は最初に見物したベルンの熊さん。写真の中のどこかで歩いてます。

f:id:asa_yu:20170802083253j:plain

他にも旧市街を見物したりと30℃を超える温度の中、おばさんは頑張りました。

f:id:asa_yu:20170802091032j:plain

ジュネーブに着いてからは夏祭りに見物に出かけ、ついでに噴水の出口まで散歩したり、

f:id:asa_yu:20170804220345j:plain

街の中を散策したりと忙しい毎日でした。しかし敵は十代の少女たち。まずはWifiを感じることが一番重要だったりします。時代の流れを感じつつ、この後はパリに出かけたりしたのですが、その話はまた後程。

お世話な日々。

7月も暑い…。

今年は寒暖差が激しくて体がしんどい夏になりました。ボケっとしていたら、すでに7月も後半だ。

f:id:asa_yu:20170716171306j:plain

 

暑い日の湖畔は泳ぐ人で溢れてました。

今月は先月に引き続きなぜか友人や隣人にペットの世話をやお願いされ、妙に忙しい事に。

結局毎日誰かのペットの世話をしています。トータルで猫が5匹にウサギが1羽と中々大変。今週の土曜日まで猫2匹にウサギ1羽、そして日曜日から8月まではウサギだけ、と大分楽になりそうです。ちなみにウサギはお向かいさんのペット。お向かいさんは前から顔みしりのラブラドール2匹だけではなく、さらにウサギまで飼ってたそうでその事実にまず驚きました。

このウサちゃん、御年10歳で、目もあまり見えず、おとなしい子です。ただ人参は素早く持ち上げて食べてました。可愛い。ウサギは猫に比べると大人しくて世話が楽ですねえ。単に年を取って大人しくなっただけかもしれないけど。世話をお願いしていた人が急に断ってきたとかで、切羽詰まって我が家にお願いメモが貼ってありました。話を聞きに行くと翌日にはもう出発だそうで、気の毒になり引き受けることに。

我が家の猫たちも色んな人にお世話になったからなあ、としみじみ。今週は我が家の猫の姉妹猫で唯一生き残っていた猫が亡くなったとの知らせをEさんから受け取る。先月はまだ元気だったのに…。

8月は、親せきが遊びに来るので、これはこれで忙しくなりそうです。楽しく過ごしてくれるといいのですが。

最後の写真は涼む動物ということで、湖で楽しそうに泳いでいた犬。やっぱりラブラドールは水が好きですねえ。

f:id:asa_yu:20170716171553j:plain

 

楽しくも大変でした。

ずっと暑い日々が続いてウンザリしていたのですが、3連休に思い立って、とうとう↓を観に行ってしまいました。

f:id:asa_yu:20170625102234j:plain

大英博物館北斎展です。富嶽三十六景の中でも一番好きな甲州鰍沢が展示されているし、浮世絵は海外の方が状態の良いものが多いので、それを見たさに頑張りました。娘の葛飾応為とされる物もあってかなり見ごたえのある展示で大満足。

久しぶりの大英博物館なので、他の展示も見ようかな、と常設展示の方へ。こちらは人数制限がなく観光客がすごかったのでかなり疲れました。でも大英博物館といえばやっぱりこれだよね、ということでミイラ見学。

f:id:asa_yu:20170625130024j:plain

なんかミイラといえば誰もが想像するイメージそのままです。

ちなみにこんなミイラもありました。

f:id:asa_yu:20170625125852j:plain

猫の表情が何とも言えません。博物館を出てから散歩がてらFortnum and Masonへ。紅茶を買ってから地下のワインバーで一杯やることに。つまみに食べたスコットランド産の生牡蠣が美味しかった。

いい気分になって、そのままホテルへ。次の日も博物館めぐり。まずホテルから歩いて行ける大英自然史博物館へ。恐竜はやはり楽しい。

f:id:asa_yu:20170626105934j:plain

見たいものがありすぎて、鉱物などの展示が見れなかったのが殘念。特別展の野生動物写真展が特に良かったなあ。

隣のVictoria and Albert Museumも少しだけ覗いて、久しぶりのラファエロと服飾の展示を見る。昔に比べると展示がかなり変わってました。前よりデザインの面が強調されている気がします。相変わらず布好きにはたまらない博物館でした。

f:id:asa_yu:20170626151156j:plain

写真は正面ホールの巨大なシャンデリア。空に浮かぶ’クラゲのようです。

博物館めぐりの旅を終えて、夜の飛行機で帰宅。疲れたけど楽しい週末でした。ロンドンはジュネーブよりも涼しくて良かったです。